湘南ワインセラー:オンラインストア

ミシェル・ファロン


シャンパン愛好家は絶対に入手必須の『ミシェル・ファロン』をご案内させていただきます!!

2000年からアンセルム・セロスと共に働くセロスのドメーヌのチームリーダーが造るミクロ・シャンパーニュ!!!

欧米では、ジェローム・プレヴォー、ヴェット・エ・ソルベ、ユリス・コランなど、セロスと共に働き、直接大きな影響を受けた弟子達のシャンパーニュは「セロシアン」と呼ばれているそでうす。

そのセロシアン・シャンパーニュの中で、唯一日本に輸入されていないシャンパーニュがありました。

それが、今回い入荷しました、ミシェル・ファロンが手掛ける『オザンヌ』です。

2000年からジャック・セロスと共に働いているファロンは、セロスでの仕事と並行して、2004 年に、自宅の隣の僅か0.0324ha の区画で栽培したブドウから、たった300 本のシャンパーニュを、セロスのセラーで醸造し、自身のシャンパーニュ造りを始めました。

セロスが世界的な名声を獲得していく2000年代を通じて、そして現在もセロスの栽培・醸造チームのリーダーとして、セロスのシャンパーニュ造りを影で支え続けている人物です!!

ファロンの自宅には醸造設備がないため、醸造から熟成までの生産工程の全てを、ホテル&レストラン『レ・ザヴィセ』と同じ敷地内にあるアンセルム・セロスのセラーで行っています。

オザンヌの醸造に使われるブドウが栽培されているのは、アヴィーズにある5つのリュー・ディ。

全てグラン・クリュの畑で、5 つのリュー・ディに分散しており、そのうちの1 区画はファロンの自宅に隣接しています。ブドウ樹の樹齢は4つの区画が平均60年。残りの1つは樹齢98年の超古樹の区画です。

ドメーヌでは、厳選したブドウのみを使い、オザンヌの醸造に使わないブドウは、全て地元の組合に売却しています。

栽培はリュット・レゾネですが、殺虫剤などは一切使用しておらず、ビオロジックで認められた手法を導入しています。

ビオロジックの認証は受けておらず、あえて名乗ってもいません。

商品カテゴリーを絞り込む

“ミシェル・ファロン” の商品一覧

ページトップへ