湘南ワインセラー:オンラインストア

Online Store

オンラインストア

ラルロ


【湘南ワインセラーのコメント】
いや~~~、凄いワインが誕生している『ラルロ』2017年です!!!!!

2015年から、ラルロの栽培&醸造のすべてを采配しているジェラルディン・ゴドー女史!!!!

凄いですね!!!!ここのところ、ちょっと静かなブルギゴーニュ熱もこのラルロの17年のニュースを聞くと、鳥肌がゾゾゾっと立つ感じで、ヤバイです(笑)

一気に全キュヴェ制覇したくなる衝動が起きています!!!!

昨年の2016年が彼女の大傑作となったのですが、今回の2017年は、クラシカルさを持ちつつも、ニュージェネレーションを感じる『ラルロ』のスタイルや個性に完璧に合致したヴィンテージです!!!

そういう意味では、2016年以上に”ジェラルディン節”が響き渡る味わいのワインが出来上がった2017年です!!!!

そして、今回、新たな試みとして「クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ」の葡萄で全房発酵をしたキュヴェ「キュヴェ・オー・リーニュ」が誕生しています。3300本のみの生産で日本への入荷も非常に少なかったよう。

リアルワインガイドのコメントを読むと、ラルロファンにはたまらないでしょ~~~~~これは!!!!という1本となり、従来の「クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ」との比較試飲をぜひ!!と思っています!!!

今年2年目の「ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ル・モン」も数本ゲットすることができました!! このワインは「クロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ」の上部に位置する畑で、文字通りクラスを超えたポテンシャルを持ち、ラルロの個性が十分に楽しめるファン待望の下位クラス!!


リアルワインガイド66号では『ドメーヌ・ラルロ』の全てのキュヴェに高得点が付き、ジェラルディンの采配についてもベタ誉めのコメントが掲載されたいました。

=====================================================================                                 以下徳丸さんのコメント(リアルワインガイ66号より)
======================================================================

訪問した日、ジェラルディン・ゴドは疲労のため入院中だった。彼女は真面目だから働きすぎたらしい。でも深刻な状況ではないので一安心。余談だけど他の生産者の話からも伺えるが、彼女の評判はとてもいい。そんなジェラルディンが造った17年は新たなラインナップも加わり味と品質も一級品だ。いや、超一級といっても差し支えない。
    ======================================================================


【インポーター情報】
ニュイ・サン・ジョルジュから2km南に位置するコート・ド・ニュイにあるドメーヌ・ド・ラルロは、ドメーヌ建物の周りの約4.0haのぶどう畑のクロ・ド・ラルロから名付けられました。18世紀末、ブルジョア階級出身のジャン・シャルル・ヴィアノがフランス革命(1789年)以降に建物と畑を所有しドメーヌの周りに塀を建設しました。これがクロ・ド・ラルロです。この家族が19世紀末までこのClosを所有していました。

19世紀末から1887年にかけてフィロキセラが猛威をふるい、地所所有者の多くが畑を手放す中、1891年ここを買い取ったのがジュール・ベランJules Belinです。数年後にはクロ・デ・フォレ・サン・ジョルジュ(7.2ha)とクロ・デュ・シャポー(1.6ha)を手に入れ、その後しばらくドメーヌはベランの子孫が所有していました。

1987年、アクサ創設者クロード・ベベアールClaude Bébéarがぶどう畑と建物を購入、運営をジャン・ピエール・スメに委ねました。これが現代のドメーヌ・ド・ラルロの礎となっています。 1991年にロマネ・サン・ヴィヴァン(0.25ha)、ついで1992年にヴォーヌ・ロマネ レ・スショ(0.85ha)を購入しました。

2007年にスメ氏の引退に伴い、運営はオリヴィエ・ルリッシュに受け継がれ、また2011年からジャック・ドゥヴォージュに引き継がれました。ジャックがクロ・ド・タールヘッド・ハントされた為、2014年9月、厳しい選考の結果、アレックス・ガンバルで辣腕を振るっていたジェラルディンヌ・ゴド女史が新たにテクニカル・ディレクターとして採用されました。今後、彼女とラルロの個性が、どのような素晴らしい相乗効果を見せるのか世界中が注目しています。

ドメーヌ・ド・ラルロは2000年には有機栽培に切り替え、2003年にはビオディナミ農法へ転換しました。 除草剤などの化学的介入は避け、 耕作によって畑の微生物を活性化させる事が重要と考えています。

ドメーヌ・ド・ラルロでのワイン造りの基本的ルールは、人為的な介入を出来る限り少なくする事です。高品質で凝縮された果実のお陰でワイン造りには手がかかりません。すなわち人の介入は極端に限られるのです。 実際のところ、ラルロのぶどうは醸造の過程で手をかけなければかけないほど、テロワールが純粋に表現されることがわかっています。

商品カテゴリーを絞り込む

“ラルロ” の商品一覧

商品カテゴリ
商品検索
Staff Blogスタッフブログ
新入荷ワインのご紹介やワインの選び方などをご案内します!
ブログを見る
MailMagazineメールマガジン購読
メールマガジン購読をご希望の方はこちらから
メルマガ登録はこちら
湘南ワインセラー
湘南ワインセラー
お電話でのお問い合わせ
0467-25-4461
火~土 /10:00~16:00
WINE BAR Spirit
WINE BAR Spirit
湘南ワインセラー
直営のワインバー

ページトップへ