湘南ワインセラー:オンラインストア

ジュリアン・ラべ



【湘南ワインセラーのコメント】

数年前に日本に初上陸してから、あっという間に大人気のドメーヌになったジュラの自然派【ジュリアン・ラベ】!!!”あ”っと驚くほどの少量入荷。。。。。すごく、人気なのだそうです。個人的に、ほかのジュラのワインに比べると、明らかにブルゴーニュに近くモダンだと思っています!

ジュラ地方の中でも『フィリップ・ボールナール』というよりは、『ピエール・オヴェルノワ』のような王道のド真ん中を行く本格派!彼の修業先はブルゴーニュの最高峰『ドメーヌ・ラモネ』でしたから、私が大好きになるのも当然なのかもしれません。!!!

白は”ラモネ”のゴージャス感と洗練性が融合していて、年を重ねることに洗練さが増しています!!赤も、シャサーニュ・モンラシェの赤(ピノ・ノワール)のような柔らかさと、蜜っぽさがあり、その上、細かいタンニンと芳醇なエキスがふっくらとして、ボトル1本を飲む上での変化を楽しめる本格さ!

デビュー当時から、自然派の《新人さん》の域を遥かに超えていましたが、いよいよこれからが楽しみになってきました。産地はジュラですが、ブルゴーニュの王道を行くようなワインをナチュラルなアプローチで造っているドメーヌです!!赤も白も、価格が5千円以下というのも、年々入荷数が減ってきている理由だと思います。


【インポーター情報】
ナチュラルワインの先駆者、ピエール・オヴェルノワで名高いJura地方には、今続々と新しいナチュラルワインの生産者が登場しております。Juraはスイス寄りのサヴァニャンやプールサールといったマイナーな品種の生産地としてのイメージが強いのですが、私にはブルゴーニュの隣というイメージの方が強いのです。行かれた方はお分かりかと思いますが、ボーヌからシャブリに行く感覚の距離、ボーヌからボージョレに行くより近いかもしれません。

気候・土壌も共通点が沢山あり、私にとってはコート・ドールの次にシャルドネやピノ・ノワールを醸造するなら!との思いが強いテロワールが存在する土地なのです。

19世紀からRotalier(ロタリエ)という村(ジュラ地方のやや南部)でワイン造りを行っている、地元では有名なLabet家の3代目がお父様のアラン・ラべ氏。その息子さんで4代目がジュリアンです。どこの生産者も同じですが、ワイン造りだけで生計を立てられるようになったのは最近の話。色んな農業を兼業しながらその中にブドウ栽培も入っていた古い時代から、いち早くLabet家ではワイン造りをしておりました。アラン氏の時代になり、Domaineと名乗れるワイナリーを設立、1974年の時でした。ですから時の人、オヴェルノワ氏よりも前からナチュラルワインを造っていたわけです。

100%無農薬なのですが、2012年から少しずつビオディナミに切り替えております。ブルゴーニュで修業をしたジュリアンは畑の個性、すなわちテロワールを尊重します。Juraでスティルワインが造られるようになっても、まだまだ品種名を記載するのが精一杯の風潮下、ジュリアンは限りなく畑の区画に拘ります。だから収穫・醸造が大変です。どのCuveeも1000本ちょっとという単位になるので、生産量も限られるし、管理も大変です。基本的にSO2を使用しません(必要と判断した場合を除く)。醸造方法は至ってシンプル、手で収穫後、天然酵母で発酵、プレスはストレスを避けるため非常にゆっくりと丁寧に圧搾、新樽は基本的に使用しません。

商品カテゴリーを絞り込む

“ジュリアン・ラべ” の商品一覧

キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元

商品カテゴリ
商品検索
MailMagazineメールマガジン購読
メールアドレスを入力後、
登録ボタンを押して下さい
湘南ワインセラー
湘南ワインセラー
お電話でのお問い合わせ
0467-25-4461
火~土 /10:00~16:00
WINE BAR Spirit
WINE BAR Spirit
湘南ワインセラー
直営のワインバー

ページトップへ